読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サジタリアス

ここ数年、好きになる女の子がことごとく射手座なんです。

「あれ?こいつ射手座か?」って思ったらほぼ間違いなく射手座ですね。
「見た目が可愛いのに個人主義」「見た目が可愛いのに読書するのが好きな子」「見た目が可愛いのに変人を許容できる」とか射手座をかぎ分けるポイントは色々あるんですけど、言葉にすると感覚的な部分との微妙なズレが出てしまうので、あまり多くを語らないようにしておきます。

僕は魚座で射手座とはエレメント(←ググレカス)の相性的にはそこまで良くないんですけど、射手座と会話してるときのしっくり感は異常なんですよね。

単純計算で12人に1人は射手座なので、好きになれる可能性が高い女性が日本国内に6000万人➗12=500万人も居るっていう事ですよね。そう思うとこれからの人生ちょっと楽しく生きれそうですね⊂( ・ω・)⊃ブーン

デイアフタートゥモロー

日常の中で最も無駄な時間は何の気無しにTwitterを眺めてる時間ですね。

週末はマラソンの撮影に行って来たんですけど
びっくりするぐらい酷い写真しか撮れなかったのでもうカメラを売りに行くしか無いかなって感じです。
その後は飯を食べに行って、孤独死についてやら、理想の被写体についてやら、気違い丸出しの持論を一方的に垂れ流して、最後は手相を鑑定して帰りました。女性でアインシュタイン線が出てる人を初めて見ましたね。

綾乃がアイドル辞めて一週間経ったけど色んな事の記憶が薄れてきたなぁ。とりあえず射手座の女の子が大好物だとわかった事は収穫の一つです。これからは片っ端から「ユーは何座?」って聞いて回ることにします⊂( ・ω・)⊃ブーン

深夜4時に何を書いてるんだ俺は

「想いは口にしないと伝わらないよ」←綾乃が自分
を冷やかす時に使ってた言葉です。

寝て起きるたびに、どんどんすっきりした気持ちになって行くんですけど、それはそれでどうなの?って感じがしますよね。

3月5日以前の関係に戻れなくなった途端に、綾乃ちゃんが実在の人物じゃなかったような気分になって来ました。「あれは俺が脳内で作り出した幻の女の子だったのではないか?」みたいな。

伝えたい事は全部伝えてきたつもりですけど、あれも言っとけば良かったかな?これも言っとけば良かったかな?みたいなのは、ちょいちょい出てきますね。

(本題)

人間がなんで毎日必死こいて生きてるのかって言われたら、後世に経験を伝える為だと思うんですよね。(ビル・ゲイツ孫正義のような成功者だろうと人間が死ぬ時期は概ね平等だからね。)
子育てなんかがそれにあたる訳ですが、独身のまま死ぬ人や結婚はしたけど子供を作らなかった人なんかでも自身の経験をなんらかの形で伝えていけば良いと思うんです。それを意識しているのと、していないのとでは日々の取り組む姿勢に差が出てくるんじゃないかなと。
もう少し具体的に言うと、自身の経験が豊富でそれを上手く伝える事ができる人に育てられる子供って、ほったらかされて何も教えて貰えない子供より状況的に有利になりやすいはずなんですよね。
そういう訳で、「経験」と「伝えること」はセットで考えるべきなんじゃないかと思ってて、生きてる限り何かしらの「経験」は皆してるはずなんですけど「伝えること」って、やる人とやらない人に別れているように見えるんですよね。そういう訳で「想い」と同じく「経験」も口にしないと人には伝わらないんですよ。

ここまで書いてて、一体なんの話をしてるのか段々自分でもわからなくなってきたな・・平たく言うと、自分が経験してきた事をなんらかの形で後世に残すことが出来たなら、満足して死ねるんじゃないのっての話です(たぶん)

夜中に目が覚めて寝れなくなったんで、ブログにこんなことを書いてみたんですが、文章を書く習慣が無いせいか、この程度の内容でも書くのに一時間ぐらいかかってる(汗)

【今日の教訓】→やばい宗教にハマってないか疑われない為にもマジレスはほどほどにしよう。

綾乃ちゃんが急激に大人っぽくなった紀元前紀元後の境目がこの日だったと思うなりけり
f:id:kattukunn0228:20170308051545j:plain

想いは口にしないと伝わらないよ

ツイッター荒らすのもなんだし(今頃かよ)、もう綾乃に手紙も渡せないし、ぶつけようの無い感情はここに記すことにします。

この一ヶ月と一週間の間、「二年半」っていう単語(単語でいいのか?)を何回書いたかなぁ。
望月綾乃(OS☆U)と出会って別れるまで約二年半だったんですけど、めっちゃ色々ありました。
他人からしたら「とるに足らない事」かも知れませんが僕にとっては「かけがえのない財産」です。

多分なんですけど、綾乃っていう子は恋愛体質で(もしくは恋愛体質予備軍)それを裏付けるような発言をちょくちょくしてたんですけど、2014年の10月頃に行われた定期ライブのMCコーナーで、「栄の街中とかで好きだあああって叫ばれて告白されたい」みたいな話をしてたんですよ。
自分が綾乃推しになってまだ二ヶ月経ったかどうかって感じの頃だったんですけど、推し初めた初期段階だったという事もあってか、「望月綾乃」という人間像を掴む上での重要なエピソードの一つになってたんですよね。
その後、本人とそれについての会話をしたりする事も特に無かったんですけど、そこから時は流れて2016年の夏、レディーノートfromOS☆Uのインストアイベントにて「プロポーズ」に関する話になった事があって、
綾乃「私にプロポーズするとしたら何て言う?」
俺「は?栄の街中で好きだって叫んで欲しいんでしょ」
綾乃「かっくん(って綾乃に呼ばれてたんですよ)、女の子に告白とか出来なさそうだよね」
俺「いや、俺告白とか何の躊躇もなくできるし、栄で好きだって叫ぶのもできるけど」
(以下略)

みたいなやりとりをしたんですよ。(以下略)って書いた部分にも色々やりとりあったんですけど、そこはまぁ(以下略)という事で。

で、またそこから時は流れて2017年1月27日、急転直下の卒業発表。また更にそこから一ヶ月の時が流れた卒業ライブ間際の時期に上に書いた話を振って見たんですよ。
俺「インストアイベントの時に話したプロポーズネタ覚えてる?」
綾乃「栄の街中で叫ぶってやつでしょ」
俺「あれ、卒業までにやるから」
綾乃「私が恥ずかしいじゃん!」
って感じで終わったんですけど、なんでそんな話をわざわざ蒸し返したかと言うと、蒸し返さない訳にいかない理由があったんです。

んでまぁ、そんなこと言うタイミングなんてライブのどさくさしか無いじゃないですか。で、どさくさに紛れて最後の最後に言ったんですけど、あれって、どうだったんですかね。
自分としては後悔したくなかったから、言わないわけにいかなくて言ったんですけど、卒業ライブを汚したのかなぁっていう罪悪感が若干あったりして反省してるんですけど。

【今日の教訓】→バランスを取りながら生きるのは
難しい。その分、人に対して寛容になろう。