読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「僕、洋楽しか聴かないって有名じゃないですか」

雑誌のブルータスとかで有名人が選ぶ「生涯の一枚(CDアルバム)」みたいな音楽関連の企画あるじゃないですか?
今日なんとなく、「今後一生、特定の10枚(10タイトル)しか聴けないとしたら、自分はどのCDを選ぶのか?」っていうのを考えながら仕事をしてたんですけど、(退屈になると自分で自分を楽しますために色々考えるんですよ)これを思い付いた瞬間は「10枚(10タイトル)なんかに絞れるわけないよなぁ」とか思ったりしたんだけど、いざ選んでみると10枚(10タイトル)も出てこないんですよ。

断りを入れておくと、我が家には千数百タイトルのCDがあって、年に数回は全国各地のロックフェスティバルへ出向くぐらいには音楽が好きだったんですよ、かつては。

なので10枚(10タイトル)なんかには絞れないと思ってたんだけど、まったくもってそんな事は無く、むしろそんなに選べない。

ちなみに
ビートルズホワイトアルバム
ビートルズのベスト(青い方のベスト)
山中千尋のベスト
・アズテックカメラのハイランドハードレイン
フリッパーズギターのカメラトーク
藤原ヒロシのベスト

ここまではすんなり出てきたのだが、ここから先は無理矢理感が拭えなくなってきて何を選んでも「聴けないなら聴けないで別に良いや」って思えてきてしまう。
こうなってくると、今まで聴いてきた音楽とは一体なんだったのか?と自分の過去が途端に薄っぺらくなってしまったような気がしてきてしまう。
ついでに言うと、自分はレッドホットチリペッパーズやビースティボーイズが大好きな人間だと思い込んでいたのに、「別に二度と聴けなくても良いや」って思えてしまったのも少なからずショックだった。結局のところ、洋楽なんかビートルズの後期さえ聴いてれば、ほぼ全ての感情を拾いきれてしまうのだろう。

また明日にでも残りの4枚を考えてみるか。